基本的な助成金の受け方と注意点

そもそも助成金とは

国や地方自治体によって給付される助成金は、事業者向けの資金サポートの一種であり、不景気による雇止め対策や労働環境の改善を目的としており、助成金は基本的に労働者のために企業へ給付されるため、用途が限定されてしまいますが、助成金には様々な種類があるので、労働者にとって利が大きいとは言い難い、設備投資に用いることができる助成金もあります。

なお、助成金は厚生労働省主導の雇用支援系と経済産業省主導の研究開発系に大別されますが、厚生労働省主導の雇用支援系助成金も経済産業省主導の研究開発系助成金も、大元の財源は国庫支出金で、国会に計上された予算から厚生労働省と経済産業省に振り分けており、地方自治体における助成金も国や厚生労働省及び経済産業省が財源であるため、助成金の財源が国庫支出金であることは基本的に変わりません。

助成金と補助金は何が違うのか

助成金も補助金も、国や省庁、地方自治体による資金サポートであるという点において変わりありませんし、基本的に財源が国庫支出金であれば補助金に類されることから、広義において助成金は補助金と同義のものですが、狭義においては違いがあり、一般的に補助金は経済産業省と地方自治体が主導して給付を募集するもののうち、給付条件を満たした応募企業間でコンペティション、つまり給付を競い合うもののことで、申請期限内の申請数次第で倍率に差が生じるのです。

対して助成金の場合、助成金は厚生労働省主導で給付を募集しますが、受給要件を満たしたものから先着順で給付されるため、応募企業間でのコンペティションこそ生じませんが、応募枠は早いもの順で埋まります。