都市部と地方における助成金の目的の差異

都市部における助成金の目的

都市部と地方では人口に大きな差がありますし、交通の便の良さから都市部に企業が集中することは必然的で、都市部における助成金の目的は、労働者の支援に重きが置かれる場合が大多数を占め、東京近郊は新規助成金の雛形づくりのために試験的な助成金が募集されることが多い傾向にあるのです。

都市部において、助成金が労働者の支援という本来の目的に則した働きをしやすいのは、助成金自体が東京の都心をモデルケースとして想定されて作られているからに他なりませんが、厚生労働省と経済産業省が助成金を主導する以上、都心で働く官僚によって助成金がつくられることになるため、当然のことであり、都市部を想定した助成金が地方で効果を発揮できない場合があることも、やむを得ない面があるでしょう。

地方における助成金の目的

地方における助成金、つまり経済産業省や地方自治体主導の助成金の場合、他の地域で成功した助成金を流用することで同様の成果を上げ、過疎化や経済的な衰退を食い止めることで、雇用状況や労働環境の改善による労働者への支援を試みるなど、地域振興による労働者支援が模索されていますが、これは地方の労働環境における問題点の解消に都市部と同じ方法がマッチしないことに起因します。

もっとシンプルに述べると、人口が多く企業が多い都市部と人口が少なく企業も少ない地方ではニーズが異なっており、他の地域で成功した助成金をそのまま流用するのであれば、厚生労働省や経済産業省主導の助成金と大差なく、地方への助成金の給付を効果的に行うには、地方ごとの地域性を反映しなければなりません。